TIPS

2015.01.16
vol.12

MOVIE

動画制作の流れ Adobe After Effects Pro編

vol.12 動画制作の流れ Adobe After Effects Pro編

vol.10 動画の作り方 Adobe Premiere 編に引き続き、
映像を作るときに使用するアプリケーションAdobe After Effectsについてお話しします。
こちらもPremiere同様、Adobeソフトの画像系のアプリケーションとは使い方が違いますが、
Premiereと基本的には似ています。
今回はAfter Effectsを使った動画編集の流れについてお話しします。

1.プロジェクトの作成

1.プロジェクトの作成

「プロジェクト=.aepファイル」を作成する

After Effectsを起動するとで既に新規プロジェクトが作られた状態です。
メニューの「ファイル」→「新規」→「新規プロジェクト」を選択し、新たなプロジェクト画面を
作成します。
※ちなみに複数のプロジェクトを同時に開くことはできません。

2.コンポジションの作成

2.コンポジションの作成

コンポジションとは
動画を構成するための入れ物

プロジェクト作成の次は「コンポジション」を作成します。
メニューの「コンポジション」→「新規コンポジション」を選択します。

またはプロジェクトパネル下部にある「新規コンポジションを作成」からでも作成できます。

ダイアログが出てきます。目的に合わせて設定します。
ここでの設定はあとでも変更することができます。
プロジェクトパネルに「コンポジション」が作成されます。

2.コンポジションの作成

3.素材(動画、静止画)を読み込む

3.素材(動画、静止画)を読み込む

フッテージとコンポジションの違い

メニューの「ファイル」→「読み込み」で素材ファイルを選択します。
もしくは、読み込む素材のウィンドウから直接ドラッグ&ドロップして読み込み、
ワークスペースのプロジェクトパネルをダブルクリックすると、ダイアログが出てきます。
そこからファイル選択もできます。
プロジェクトパネルに、読み込んだファイル名が表示されれば読み込み完了になります。

3.素材(動画、静止画)を読み込む

<素材を読み込む際の読み込み種類>
ファイルを読み込む際のファイル読み込みの種類には
「フッテージ」と「コンポジション」があります。
違いとしては「フッテージ」は指定したファイルを一枚の画像として読み込み、
「コンポジション」はファイルのレイヤーを保持して読み込むことです。

・「フッテージ」として読み込ませた場合
JPGなどを読み込むときは「フッテージ」で読み込むのが適切ですが、
レイヤー構造を持ったPhotoshopファイルやIllustratorファイルを「フッテージ」として読み込むと、
レイヤーを結合して一枚の画像として読み込むか、どれかひとつのレイヤーのみを読み込むかが選択できます。

・「コンポジション レイヤーサイズを維持」
として読み込んだ場合
レイヤーのあるPhotoshopファイルやIllustratorファイルをレイヤーを保持したまま、
余分な部分をトリミングして読み込みます。

・「コンポジション」として読み込んだ場合
レイヤーのあるPhotoshopファイルやIllustratorファイルを、レイヤーを保持したまま、
同位置、同サイズで読み込みます。

4.素材を動かす

4.素材を動かす

アニメーションの作成

タイムラインパネルのレイヤーから「トランスフォーム」を開きます。

<縦に移動するアニメーションを作る>
この素材を上から下に移動するアニメーションを作成します。

4.素材を動かす

・キーフレームの作成
「トランスフォーム」の中に「位置」のプロパティがあります。
「位置」の左にある「ストップウォッチ」をクリックします。
するとタイムライン上に「キーフレーム」が追加されます。
※「キーフレーム」とは、モーションやエフェクトなどを設定する際に使用します。
動きの始点と終点を設定すれば、その間を自動的にアニメーションできるというイメージです。

4.素材を動かす

・2つ目のキーフレームを作成
時間のインジケータを動かし、「位置」の横にある数値を変更します。
※この2つの数値はy軸x軸になっています。
するとアニメーションラインが表示され、上から下に移動するアニメーションが出来ました。

・アニメーションを削除するには
「ここの動きを全部変更したい」という場合は、動きを適用しているプロパティの
「ストップウォッチ」を押し、キーフレームを全て削除するか、キーフレームを個別に選択し、Deleteキーで削除することが出来ます。
下の画像のようにキールレームを複数選択することも可能です。

4.素材を動かす

5.動画形式で書き出す

5.動画形式で書き出す

書き出すことを「レンダリング」と呼びます

動画形式に書き出したいコンポジションを選択します。
「ファイル」メニューの「書き出し」の中から、目的にあったファイルの種類を選んでください。
書き出しには時間がかかります。
ですので、複数編集して書き出さなければいけない場合、編集をしたあとレンダーキューに
追加しておき、夜間レンダリングを行うことも出来ます。

5.動画形式で書き出す

「レンダーキューに追加」すると「レンダーキュー」にレンダリング情報が追加されます。
ファイルの種類などを変更したい場合は、「出力モジュール」で変更できます。
また複数書き出しを一度に行ないたい場合は、上記の方法を繰り返し、
レンダーキューに追加していきます。
「レンダリング」ボタンを押すとレンダーキューに登録されたコンポジションが上から順番に、
レンダリングされていきます。

まとめ

After Effectsでの動画の作り方をご紹介しました。
ここに書いたのは本当にほんの一部です。
数えきれないくらいできることは無限にあるので、使いこなしていきたいですね。

  • CATEGORY
  • カテゴリ
  • RECENT POSTS
  • 新着TIPS
  • RANKING
  • ランキング
  • ARCHIVES
  • アーカイブ
2015
December (
November (
October (
August (
July (
April (
March (
February (
January (

お仕事の依頼やご相談

企画・編集、情報設計、デザイン、アートディレクションなどクリエイティブワークを得意とするブランディングオフィスです。ブランディング・Webサイト・印刷物、システム開発等を通じ、ビジネス価値向上をお手伝いします。

オンライン見積もりフォーム

さまざまなブランディング事案に対応します。
お気軽にご依頼ください。