TIPS

2014.12.26
vol.8

WEB

GitHubを使ってデータを共有しよう

vol.8 GitHubを使ってデータを共有しよう

こんにちは。デザイナーの寺田です。
今回はGitHub(https://github.com/ )についてお話しします。
GitHubは、いわゆるファイルのバージョン管理システムです。更新を頻繁にするようなhtmlなどのデータを制作スタッフと共有できたり
変更履歴の記録やバックアップをしてくれます。
サイトやアプリなどのプロジェクトを進めるときに複数の人が同じデータを編集したい場合も、
便利なのでぜひ活用してみてくださいね。
ロゴ出典:GitHub

GitHubにユーザ登録しよう。

GitHubのログイン画面

公式サイトへ

まずはユーザ登録をしていきましょう。
https://github.com/ で名前、メールアドレス、パスワードを入力して緑のボタン
「Sign up for GitHub」をクリック!
メールにURLが届くのでリンクに飛びます。
右下の「Confirm」を押して、登録完了!
次はGitHub for Macのアプリケーションをhttps://mac.github.com/ でダウンロード。
Windowsユーザーのかたは(https://windows.github.com/

インストールをして、アプリケーションを起動します。
GitHubで登録したときのユーザー名とパスワードを入れて
「Sign In」をクリック。
GitHubとアプリケーションを連携することができました。

グループを作ろう。

GitHubの登録が完了したらグループを作っていこう!

ユーザ登録が完了したらグループを作っていこう!

ユーザ登録が完了したらグループを作成します。
1、左上の登録した名前のボタンをクリックします。
下の「Create organization」を選択。
2、表示が切り替わると、グループ名、メールアドレスを
記入、プランを選択して
「Create organization」をクリックします。
グループが作成できました。
3、GitHubに登録しているメンバーを画像の箇所のテキストボックスで検索して、
「Add」をクリック。
グループのメンバーを招待できます。

みんなでデータを共有しよう。

みんなでデータを共有しよう。

リポジトリを作ろう!

グループの作成が終わったら今度は、リポジトリを作成していきましょう。
リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所のことを意味します。
保存された状態は、変更履歴として格納されています。
変更履歴を管理したいディレクトリを
リポジトリの管理下に置くことで、そのディレクトリ内のファイルやディレクトリの変更履歴を
記録することができます。
リポジトリを作成してプロジェクトやテーマごとにデータを管理することができます。
右上にある「New repository」をクリック。
Ownerは作成したグループを選択します。
横にあるRepository nameは任意のもので。
「Initialize this repository with a README」にチェックを入れて、「Create repository」を
クリックして完了です。

データを入れよう。

実装しよう

これで準備は完了

今度はリポジトリにデータを入れていきましょう。
アプリを開いて左上の十字マークを選択。
すると「Clone」というボタンが出てきますので、作成したリポジトリをクリックします。
ファイルの置く場所を選択するとデータを共有するためのリポジトリがダウンロードできます。
ダウンロードしたリポジトリの中に共有したいデータを入れましょう。

入れたデータを共有しよう。

入れたデータを共有しよう

いよいよデータ共有

共有したいデータをローカルに落としたリポジトリのファイルに入れたら、
GitHubのアプリを開きます。
アプリでは追加されたデータには緑のラベルで「NEW」の文字がつき、表示されます。
必ずSummaryにタイトルを書いて、「Commit&Sync」ボタンを押します。
これでデータの共有はできました。

まとめ

GitHubの便利なところ

・同時に複数の人がデータを編集できる。
・データのデグレ(エグレード・先祖返り)を防げる。
・バージョン管理ができると同時に同じデータを編集しても
デグレを起こさずファイルを同期できるので、
チームでスムーズに作業ができました。
htmlやjavaなどのコードだけでなく、もちろんエクセルデータや写真画像などでも
共有して使えるので便利ですよ!
すでに開発現場では当たり前となっているGithub、
ぜひつかってみてください。

※ご注意ください
GitHubは大きなファイルやプロジェクトも受け付けますが上限があります。
・リポジトリサイズには物理的な上限は設定していない。ただし1GB以下に収めるようにという通知があります。
1GBを超えると注意メールが送られることがあります。
・単一ファイルには100MBまでという物理的上限がある→50Mを超えるファイルがあると警告が出ます→100Mを超えるファイルは受け付けないようです。

  • CATEGORY
  • カテゴリ
  • RECENT POSTS
  • 新着TIPS
  • RANKING
  • ランキング
  • ARCHIVES
  • アーカイブ
2017
October (
September (
August (
July (
June (
May (
April (
February (
January (
2015
December (
November (
October (
August (
July (
April (
March (
February (
January (

お仕事の依頼やご相談

企画・編集、情報設計、デザイン、アートディレクションなどクリエイティブワークを得意とするブランディングオフィスです。ブランディング・Webサイト・印刷物、システム開発等を通じ、ビジネス価値向上をお手伝いします。

オンライン見積もりフォーム

さまざまなブランディング事案に対応します。
お気軽にご依頼ください。